最近よく耳にするようになった仮想通貨は、日本ではまだあまり知られていませんが、海外では決済などにも使用することができ、投資の対象としても普及しています。仮想通貨は、円やドルなどの通貨とは違って、目に見える形では存在しませんが、インターネットを通じて物やサービスに対する支払いなどに使用することができます。

 

世界中で使える仮想通貨

イメージ的には、電子マネーと似ているかもしれませんが、電子マネーは現金を電子化して、コンピューター上で決済する仕組みとなっていて、日本で使用する場合には、日本円の代わりとして使用することができます。

一方、仮想通貨の場合は、世界共通のお金として使用することができますから、国の通貨に両替する必要もなく、インターネット上のお金として使用することができるという違いがあります。仮想通貨は、インターネット上に存在するお金で、国や公的機関などが発行するのではなく、民間で運営されているというのが特徴となっています。日本ではまだ普及率が低いため、不信感を持っている人も多いかもしれませんが、海外では使用できる店舗も多く、クレジットカードで支払う感覚で仮想通貨が使われています。仮想通貨は、現在では数百種類あると言われていますが、中でも認知度の高いのがビットコインやリップルとなっています。

 

支払いだけじゃなく資産にもなる仮想通貨

仮想通貨は、支払いに使用するだけではなく、株やFXのように投資の対象として保有している人も少なくありません。特に、ビットコインなどは、値動きがあるため、価格が安いときに購入して、買ったときよりも高い価格になったときに売ることで、利益を得ることができます。株で利益を得ようと思った時には、購入した株を資産として保有する方法もありますし、短期的に売り買いを繰り返して利益を得るという方法もあります。ビットコインも、価格が変動しますから、株と同様に資産運用として利用することも可能です。

銀行口座は銀行で、証券口座は証券会社に行って作りますが、仮想通貨の口座は、自分のパソコンに自由にウォレットを作ることができます。ビットコインは、プログラムで管理されていますが、そのプログラムはすべて公開されています。そのプログラムをパソコンにインストールすることで、自由にウォレットを持つことができます。このウォレットは、仮想通貨の保管場所となり、パソコンやスマートフォン、インターネット上に作ることができます。パソコンにウォレットを作るメリットとしては、インターネットサイトで作るよりも安全性が高く、完全版・簡易版のどちらのウォレットも使うことができるという点があげられます。ただ、持ち運びが不便で、パソコンが故障したり、ウイルスに感染してしまった場合には、ウォレットが使えなくなったり、ビットコインを失ってしまうリスクもあります。

 

もっと仮想通貨について詳しく知りたい方はこちらも見てください。

仮想通貨

 

仮想通貨を利用するメリット・デメリット

スマートフォンにウォレットを作るメリットとしては、いつでも取引ができ、インターネットでウォレットを作るよりも安全性が高いという点があげられます。

ただ、簡易版のウォレットしか使用できませんし、スマートフォンが故障した場合には、ビットコインを使用できなくなったり、ウイルスに感染すると、すべてのビットコインを盗まれてしまうというリスクもあります。インターネットでウォレットを作るメリットは、ウォレットだけではなく投資などさまざまなサービスを利用することができたり、どのパソコンやスマートフォンからも接続することができる。インターネット上にあるため接続する場所を選ばないというメリットがあります。

ただ、サイトがハッキングされた場合には、ウォレットが失われる可能性がありますから、信頼できる業者を選ぶことが重要となります。

関連記事


    仮想通貨について知っておこう 仮想通貨とは?という人のためにまずは仮想通貨というものについて解説していきます。仮想通貨とは最近はかなり多くなった電子決済に対応した通貨の総称です。我々の生活にあって当…


    戦争が起これば、お金は無価値になる 北朝鮮のICBMミサイル実験が止まりません。 いつミサイルが日本に落とされてもおかしくはない状況ですが、日本政府が国民に勧める防衛手段は、食料品の備蓄と、頑丈な建…